• 弊社について
  • 取り扱い商品およびサービスのご案内
  • メディア・イベント
  • 海外投資について
  • 代表からのごあいさつ
  • お客様専用ページ

最新情報

米GDP:10-12月確定値は年率2.1%増に上方修正

31 Mar 2017

米商務省が30日に発表した昨年10-12月(第4四半期)の米実質国内総生産(GDP)確定値は、改定値から上方修正された。個人消費が上振れした。

10-12月期の実質GDP確定値は前期比年率2.1%増と、改定値の1.9%増から上方修正された。ブルームバーグがまとめた市場予想の中央値は2%増だった。

経済で最も大きな部分を占める個人消費は3.5%増と、改定値の3%増から修正。GDPへの寄与度も2.4ポイントと、改定値の2.05ポイントから上向きに修正された。

企業利益は前年同期比9.3%増と、2012年以来の大きな伸びとなった。

一方、輸出が下方修正された一方、輸入は上方修正となり、純輸出のGDP寄与度はマイナス1.82ポイントと、改定値のマイナス1.7ポイントから下方修正となった。(Source: Bloomberg)