• 弊社について
  • 取り扱い商品およびサービスのご案内
  • メディア・イベント
  • 海外投資について
  • 代表からのごあいさつ
  • お客様専用ページ

最新情報

日本の経済成長率52年ぶり高水準、消費や外需持ち直す-7~9月

16 Nov 2020

日本の経済成長率52年ぶり高水準、消費や外需持ち直す-7~9月

 

2020年7-9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比年率で21.4%増と、旧基準も含めた1955年以降で1968年以来の大幅な伸びとなった。プラス成長は4四半期ぶり。新型コロナウイルス対応の政策効果に加え、世界的な経済活動再開などが回復を後押しした。内閣府が16日発表した。

 

  緊急事態宣言が全国的に解除された7-9月期は、外出自粛の反動や一連の政策対応を受けて、GDPの過半を占める個人消費が大幅に増加。海外景気の持ち直しに伴い輸出もプラスに寄与した。一方、先行き不透明感から企業の投資マインドの改善は進まず、設備投資は減少が続いた。

 

詳細

  • 個人消費は現行基準で比較可能な1980年以降で過去最大
    • 外食、娯楽サービス、自動車、宿泊などがプラス寄与
  • 設備投資は2四半期連続のマイナス、生産用機械への支出減少に寄与
  • 輸出は3四半期ぶりのプラス、自動車が増加に寄与
  • 輸入は2四半期ぶりの減少、原油天然ガスが減少に寄与
  • 実質GDPは現行基準で比較可能な1980年以降、前期比・年率ともに過去最大

(Source: Bloomberg)