• 弊社について
  • 取り扱い商品およびサービスのご案内
  • メディア・イベント
  • 海外投資について
  • 代表からのごあいさつ
  • お客様専用ページ

最新情報

香港、23年連続で『世界で最も自由な経済主体』称号獲得

16 Feb 2017

 米国のヘリテージ財団が、2017年版の『経済自由度指数』を発表、香港はこの中で23年連続して『世界の最も自由な経済主体』に選ばれました。これについて、香港特別行政区政府の報道官は16日、自由市場原則は香港経済の繁栄をもたらす基礎であり、政府がこれらの原則を守り、香港の競争力を維持していくと述べました。

 2017年版の『経済自由度指数』によりますと、今年の香港の得点は89.8点(満点100点)となり、去年より1.2点高く、世界平均の60.9点より遥かに高い得点数となりました。香港の得点は2年連続で下がりましたが、今年は再び上昇、第2位のシンガポールとの差を更に大きく広げました。

 香港は、この調査で用いられた12項目の評価基準のうち8項目で90点或いはそれ以上の得点を獲得、財政の健全度、貿易の自由度と金融の自由度等の分野において、180の経済主体の中から世界一位であるとの評価を受けました。